白髪染めは簡単にできる|いつまでも若々しくいよう

ウーマン

若々しくいるために

女の人

カラー剤を使用する事

近年カラーリング、白髪染めをする人が増えました。その為、カラーリングや白髪染めによる皮膚のトラブルも増えました。カラーリングや白髪染めによる皮膚のトラブルは人それぞれですが、髪の毛が抜けたり、耳や指先に炎症が出る等があるようです。また、毛染めトラブルで多いのが、染料に含まれている化学物質のジアミンによるジアミンアレルギーです。ジアミンアレルギーになると、顔や目が腫れたり、赤くなったり、痒くなったり、ピリピリしたり、頭皮に湿疹ができる可能性があります。長期間使用することにより、ガン等の病気になることもあるようです。アクシデントがない場合には、使い続けて大丈夫な白髪染めですが、アレルギーや皮膚炎等発症した場合には、ジアミンが含まれていないカラー染めを選ぶようにしましょう。

自分にあったカラー剤とは

カラーリングや白髪染めをする事で、多くの人が発症するのがカラー剤に含まれる化学物質によるジアミンアレルギーです。アレルギーが発症してしまった場合には、ジアミンが含まれていないヘアカラーを選ぶ事が大事です。ジアミンが含まれていない白髪染めにはヘアマニュキアやカラートリートメントがあります。ヘアマニュキアはヘナという植物の葉を粉にした化学薬品の入っていない自然の染料で、白髪を染めると、初めての人は色が入りにくいですが鮮やかなオレンジ色になります。植物アレルギーがある人はパッチテストの必要がありますが、自然の物なので安心して使用できます。使用する事で髪の毛はつやつや、サラサラになります。ただ、染めるには1時間放置するなど時間がかかってしまいます。もう1つ、トリートメントタイプの白髪染めがあります。このタイプを使用するときは、気を付けるべき点があります。それは髪を洗って濡れた状態で使用すると、効果が薄れてしまう可能性があるということです。そのため、できるだけ髪が乾いた状態で使うことがベストでしょう。これらはアレルギーの心配もなく、時間もかからず手軽に使えます。日常的に使う事で、白髪が目立つことがありません。

Copyright© 2016 白髪染めは簡単にできる|いつまでも若々しくいよう All Rights Reserved.